即日融資でも行われる在籍確認の具体的な方法とは

即日融資でも職場への在籍確認はあります

 

キャッシング申込時の在籍確認は絶対に必要

すぐにお金が必要で即日融資を希望するときでも、審査の段階では職場への在籍確認の電話はかかってきます。即日融資だと時間がないので電話はかかってこないのでは、と思うかもしれませんが、そんなことはないのです。在籍確認とは、申込者が申込書に記入した勤務先に勤めているかどうかの確認をとるための電話です。

 

申込書は基本的に自己申告ですから、キャッシング会社はその申請に間違いがないか、虚偽を記入していないか、確認をとる必要があります。そのため本人確認のためには身分証明書の提示、自宅や携帯電話への電話確認、勤務先への在籍確認が行われるのですが、これは即日融資の場合でも同じです。

 

会社によって電話確認の対応は違ってくる

電話確認は絶対に必要と言いましたが、中には行われないケースもあります。過去にローンの借入・返済の実績のある人、他の金融機関を利用している人は大丈夫だとみなされ、職場への在籍確認の電話を省略されるケースです。

 

また、営業時間外や土日祝日で当日中に勤務先への電話確認が無理だと判断された場合は、後日に在籍確認をするという方法を取る上で即日融資してもらえることもあります。職場への在籍確認を避けたい人は、キャシング会社に在籍確認を省略出来ないか、他の方法を取ることはできないか、相談してみるといいでしょう。

 

とにかく急ぎたい!口コミで選ばれている最速キャッシングはここ!
アコム プロミス

▲アコムのページヘ

▲プロミスのページヘ

 

在籍確認は簡単

 

会社に籍を置いているかどうかを確認するだけ

キャッシング会社から職場に電話がかかると聞くと緊張するかもしれませんが、そんな必要はありません。非常に簡単で事務的なものです。具体的にはこんなやり取りになります。

 

キャッシング会社の担当者が勤務先に電話をかけてきて、「○○さん(申込者)はいますか?」と聞きます。このとき、「おりますが、どのようなご用件ですか」とか「席を外しております」という返答だと、その勤務先に勤務していることが間違いないので確認は終了です。後は職場の人に怪しまれないような対応を取って、担当者は電話を切ります。
自分で電話に出るのもOKです。

 

在籍確認の時には会社名は出さない

消費者金融の場合だと、会社名は出さずに個人名でかけてきてくれるので、キャッシング会社からの電話だとはわかりません。しかし銀行の場合は会社名を名乗ることもあります。銀行から電話がかかるのは不自然ではありませんが、それでも都合が悪い人は前もってそのことを伝えておきましょう。たいていは、キャッシングとわからないような対応をしてくれるはずです。

 

電話確認が失敗するときもある

電話確認が失敗するときは、電話を受けた職場の人が不審人物だと思い込み、「お答えできません」「そのような人物はおりません」などと答える場合です。電話確認が失敗すると、日を改めて再度電話がかかります。このときに同じことの繰り返しにならないように、キャッシング会社の担当者に、「自分の取引先の会社名を名乗ってください」「家族の名前で電話をかけてください」などの要望を出しておくといいでしょう。

 

キャッシング会社の中には電話確認を行わず、社員証や源泉徴収票などの書類で在籍確認ができる会社もあります。借入限度額が少ないなどの点はありますが、どうしても職場への電話確認が嫌とか、うまくいかなさそうだと感じる人は、初めからそうした会社を利用する方法もあります。

これで決まり!最強カードローンスペック一覧

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日