ネットを活用して申し込む即日融資

お金が急に必要になったけれど、手元に全く現金がないという時に、役立つのがキャッシングです。しかし、キャッシングを利用する申し込みをしたことがない人の場合には、イチから申し込みをする必要があります。でも、今日の夜には現金が欲しいという場合もあるはずです。そんな時に便利なのが「即日融資」というサービスです。

 

従来型のキャッシングは、申し込みをしてから会社側の審査が行われ、しばらくして結果が分かりお金を借りられるようになりますが、即日融資の場合にはこの申し込み・審査・利用開始までが一日のうちに可能になる、非常にスピーディなサービスなのです。

 

この即日融資の利点は、自宅に居ながらにして利用がスタートできるという所にあります。極端な話で言うと、銀行やコンビニのATMにわざわざ出向いていかなくてもお金が手に入るわけです。それを可能にしているのが銀行振り込みによる融資です。自分の銀行口座を持っていればそこに瞬時にお金が振り込まれます。一般的には数十分あれば確実にお金が入ってきますし、数秒で融資が完了するということをアピールしているキャッシング会社もあります。

 

では、どうしたらこの即日融資が利用できるようになるのかというと、まずは即日でのサービスを行っているキャッシング会社を探すことから始めましょう。時々、規模の小さなキャッシング会社の場合には即日の利用ができないことがありますので、初めて利用する方の場合には特に有名なメジャーどころのキャッシング会社を選びましょう。

 

とにかく急ぎたい!口コミで選ばれている最速キャッシングはここ!
アコム プロミス

▲アコムのページヘ

▲プロミスのページヘ

 

基本はネットで申し込み

基本はネットで申し込みが行えます。今ではスマートフォンを使って更に簡単に手続きができるようになっています。会社などの通勤や移動中といった空き時間にサクっと申し込みができるわけです。即日での融資を確実にしたいのであれば、午前中に申し込むか、明日確実に欲しいということが分かっていれば夜のうちに申し込みの手続きを終わらせるようにしましょう。ネットではタイムラグや締め切り時間が決まっていますから、早めの手続きを心がけると良いです。

 

ネット以外にも銀行やキャッシング会社の窓口で受け付けをしていたり、自動契約機などで申し込みが可能など、会社によってサービス形態が異なります。自分の生活スタイルや、住んでいる場所などを考慮して、好きな方法で手続きをしましょう。

 

申し込みが完了したら、次は審査が行われます。前述のとおり、審査は一般的には一週間程度の期間が必要なものです。それには収入額の証明や、会社の在籍確認、そして過去の融資状況の照会など、さまざまな工程を経て融資がOKかどうかが判断されるわけです。その審査が一日の中で終わるということは、かなりのスピード審査が行われていることになります。

 

それはつまり、シンプルな基準で融資の可否が判断されていることを意味します。それは「収入額」と「勤続年数」です。無職の人の場合には即日ではほとんど審査には通らないと考えて良いでしょう。逆に言うと仕事をしていれば、可能性は高まるということになります。そして収入額が高いほど有利ですし、勤続年数が長いとさらに良くなります。

 

こうした条件を満たしている方の場合は、余裕をもって即日融資が受けられる可能性が高まりますので、もしお金に困ったら「即日」というキーワードを思い出してみてはいかがでしょうか。お金が足りない時に、スピーディに現金が工面できる方法を知っているだけでも、緊急時に安心して対処することができます。

これで決まり!最強カードローンスペック一覧

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日