フリーターがキャッシングができないと言われる理由

一般的にフリーターはキャッシングは利用できないと言われています。しかしフリーターでも一定の収入が確保できる人は返済が可能であると見なされて、審査に受かる人もいます。フリーターがキャッシングできない理由として、「定期的に返済できない可能性がある」という点が挙げられるのです。キャッシング会社はボランティアではないので、借りたお金を返して貰えないのでは商売になりません。限度額を与えてその範囲内で借り入れをして、借りた日数分の金利も含めてきちんと返せる人を見極める必要があります。フリーターの場合雇用が安定していないということが一番大きな問題となるのです。

 

フリーターで収入がある人は審査に受かるのか

上記の通り、キャッシング会社が審査をする際に重視するのは「現在収入があるか」という点です。中には収入が不安定でも雇用が確保されていれば審査に合格できるというキャッシング会社もあるのです。キャッシングをする上では本人に「返済しようと思う意志」があるかというのも重視されます。借りたお金を返す為には自ら努力をすることが大切だからです。フリーターの場合の審査基準は以下の通りとなります。

 

  • 年収は幾ら位か: 返済可能かどうかの判断になります。
  • 現在の住所: 所在がはっきりしているかどうかを見ます。
  • 希望融資金額: 自分の年収にふわさしい融資額であることが大切です。
  • 職場等在籍確認: 雇用が安定していることが条件です。
  • 過去のキャッシング歴: 返済が滞ったことがあるなどのトラブルがないことが基本です。

 

フリーターでも上記の条件をクリアしていれば審査に合格する人もいます。特に現在の住所に関しては、キャッシング会社が確認の為に電話をかけてくる可能性もあります。電話を受ける際には携帯電話ではなく、すぐに解約ができない固定電話を使用すると、審査に通り易くなります。他にもクレジットカードや携帯の支払いなどで滞りがないという場合にも審査の際に有利になることもあります。今まで金銭的なトラブルがないという人は、フリーターでも諦める必要はありません。

 

最後にフリーターで審査に通る自信がない、という人の為の裏ワザですが、銀行のキャッシングに申し込んでみる、という方法があります。銀行の場合は総量規制の対象とはなりませんので、法律上は収入がなくても融資ができるのです。しかしその分審査が厳しいことは確かですので、過去に一度も返済が滞ったことがないことと、希望融資額を低く抑えてなるべく返済可能な状態をアピールすることが大切なのです。

 

フリーターでキャッシングの審査を受ける際の月収のボーダーラインは20万円と言われています。これは一般的な企業の給与の基準であり、それ以下の人はまず20万円を目標に働くことを考えましょう。

これで決まり!最強カードローンスペック一覧

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日